EDは精神的な原因などにより若い方でも発症しています。改善方法は色々ありますが、ED治療薬を利用して改善するのが最も簡単です。

ED(勃起不全)の症状・改善法

EDの症状

EDの症状

今、国内では4人に1人がED患者だと言われています。そしてその中でも1番多いEDの症状が中折れです。中折れとは性行為中で途中で萎え勃起の持続が出来なくなってしまう事をいいます。この症状が多いのは中度EDです。しかしEDは老化だけではなく、最近では20代の若い人にもEDを患っている人も多く、それらを若年層EDといいます。EDは単純に老化、男性機能の低下だけで発症するものではないという事が分かります。

若年層EDの殆どは精神的な事で発症しています。この事からEDは年齢は関係なく発症するという事がわかります。大げさかもしませんが下半身に少しでも違和感のようなものを感じたらEDを疑ってみた方がいいでしょう。

EDの原因

EDの原因

原因は様々ありますが、平均的に以下の4種類に分けられます。大体はどれかに当てはまります。

心因性

主に精神的なストレス、性交中に起きたトラブルなどが原因で発症するケースを心因性EDと言います。

器質性

主に血管の動脈硬化から発症するEDです。また勃起に関連する神経器官の老化などでも発症します。加齢、血管の老化は避けられない事実です。特に器質性EDを発症している人で多いのは日ごろの生活習慣の乱れからEDを患ってしまうケースです。偏った食事、運動不足から血管の状態を悪くし発症するケースは特に多いです。

薬剤性

服用している薬により発症してしまうケースです。主に良くあげられるのが、抗うつ剤や向神経薬、睡眠薬などがあげられます。これらの薬が持つ副作用により発症するケースもあります。全く知らないうちにEDになっていたという事もあるようです。

混合性

肉体の老化、精神的なストレス、服用している薬など合併して発症するEDです。特に年配の方が多く、治療が一番、困難とされています。食事療法、運動療法が治療には効果的だと言われています。

原因が分かればどういった治療をすればいいのかが見えてくると思います。また食生活、適度な運動をする事でEDを改善する事ができます。病院などでも治療はできますがまず、まずはお金を掛けないで食生活を変えてみたり、運動をしてみたりするなどしてみるのもいいでしょう。そういった事で何かしら体に変化は出てくるでしょう。

EDの改善方法

食事療法

EDの改善方法

血行不良による海綿体への血流が阻害される事でEDになります。改善するには生活を見直し、血流を良くしましょう。まずはじめに食生活を見直しビタミン、ミネラルを取りましょう。外食やカップ麺など脂肪の多い食事ばかりしていると栄養が偏り血行不全になります。大豆、生野菜を取り入れバランスの良くしましょう。

運動療法

ED改善血行不良の原因の1つに運動不足があります。ランニング、ウォーキングだけでも血行は良くなります。有酸素運動は健康にもいいです。無酸素運動ではスクワットが良いと言われています。スクワットでPC筋を鍛える事ができます。このPC筋はED改善にとても良いと言われています。そしてスクワットは早漏も改善できるようです。

PC筋の運動

まずPC筋をキュッ、キュッと肛門を閉じるようなイメージで力を入れていきます。その後に息を止めPC筋を締めましょう。これを3~4回ほど繰り返します。次に10秒締めたままの状態を保ち、5秒経過で力を抜き緩めます。これを4~5回、繰り返します。この運動を最低でも3ヶ月間、やりましょう。座っていてもできるので仕事の休憩中にでもできます。毎日、5分程度でもいいので続ける事でかなり有効的な改善法となります。こういった運動をするだけでED改善ができるのでやってみることをおすすめします。また体を動かす事でストレス発散できます。EDはストレスとも密接な関係があります。なるべくストレスを溜め込まないようにしましょう。

ED治療薬

ED治療薬

食事、運動療法は効果はありますが残念ながら即効性はありません。直ぐにでも治療がしたいと思ったらED治療薬を服用しましょう。それと同時に食事、運動療法をする事でかなり改善できるでしょう。EDでは無い人でも勃起について何か違和感があると感じた人は前もって治療薬を服用する事で予防する事もできるのでお勧めします。 治療薬は通販で簡単に購入できます。病院で処方してもらうより通販で購入する方が価格も安いです。また通販では国内では取り扱っていない薬も購入する事ができます。バイアグラ以外に色々とED治療薬があるので自分に合った治療薬を見つけましょう。口コミなどを判断基準にするなどして決めてみるのもいいでしょう。ED治療薬はあなたの性生活のサポートをしてくれるはずです。

ED治療薬バイアグラの詳細はこちら